仕事の連絡が取れない。。。

26歳の時に、携帯電話が止まってしまい、しばらくの間かなり不自由しました。
まずその頃の私は1人暮らしをしていて、つい数週間前にそれまで勤めていた仕事を辞めた所だったのです。

 

貯金もギリギリだったので、次の仕事を探しつつ短期バイトをしていて、そのバイトを探したり登録・連絡等はPCを持っていないので、全て携帯で行っていました。

 

その大事な派遣先との連絡手段である携帯が止まって使えなくなってしまったと気づいた時は、本当にさーっと血の気が引いて倒れそうになりました。

 

慌てて銀行へ行って預金残高を確認したのですが、携帯電話の支払い分に後5000円足りないのです。
その時点で所持金は1000円で、すぐに働いて携帯代を支払いしないと次の仕事が貰えません。

 

派遣会社へ行って直接仕事を斡旋してもらおうにも交通費が高く、1000円では足りません。
この所持金ではネットカフェでPCを使おうにも少し足りないのです。

 

それに仕事を貰っても入金されるまでにしばらくかかりますし、派遣先へ行くのにも交通費がかかります。
携帯の中に実家の番号が入っていますがお金を貸してとも言いにくくて、友達にはもっとお金の事で頼りにくかったのです。

 

それに電話をかけるなら公衆電話からしか無理で、その公衆電話にお金を入れるより少しでも残して食費に使いたいと思っていました。

 

そこでふと、「消費者金融はどうだろうか」という考えが頭をよぎりました。
派遣会社に登録して仕事をしている訳ですから、安定した収入はあると言えます。

 

審査も最短1日の所が多いので、ここで借りてすぐ携帯代を払って、派遣の仕事をして返済しようと思ったのでした。

 

実店舗が近くにあると知っていたのでそこへ行き、1万借り入れしました。そしてすぐ携帯代を支払ったのです。
その後は何とか派遣バイトをして返済して、事なきを得ました。

 

携帯が使えなくなったのは初めての事で、しかも経済的に困窮していてすぐにでも仕事をしたいという時だったので、本当に困りました。

 

何とかなってよかったですが、何ともならなかったらと思うと寒気がします。